食事に左右されずに使いやすい治療薬第2のED治療薬レビトラ

レビトラはどんな薬か

The men is worried

レビトラは2003年にドイツのバイエル社が製造販売しました。このバイエル社はアスピリンの開発などで有名な会社であります。
アメリカで5年にも及ぶ臨床実験を繰り返し行われてできた治療薬で、販売してから数週間後にはED治療薬として認知されました。日本では2001年の12月に承認申請、2004年の4月に承認を取得しました。
そして同年の6月にレビトラの5mgと10mgの販売が国内で行われ始めました。ですが、最高用量である10mgでは生活習慣病の人や脊髄損傷の患者、骨盤内手術をした人にはあまり効果を得られませんでした。
この問題はたびたび起きたために専門医からは問題視され、再度臨床実験を行った結果、10mgで効果が得られなかった人に20mgを服用するようになりました。
さらに用量を多くしたので安全性に問題がない事を十分に確認し、2007年に日本でも20mgのレビトラを販売し始めました。
このレビトラの特徴は、先に開発・販売されたバイアグラの欠点である食事の影響を受けにくいところが大きな特徴と言えるでしょう。食事に左右されないですが、できれば空腹時にレビトラを服用するとより効果を発揮します。
他にも、即効性があり早ければ服用して15分後には効果が表れることもあるそうです。そして効果を発揮する持続時間は服用する種類によって時間が広がります。
また、用量が少ない5mgに関しては効果が低すぎるため医療機関では置いていないところも多いので10mgか20mgのどちらかを服用するかで考えましょう。持続時間は10mgで約5~6時間、20mgで約8~10時間となっています。
このように、食事や効果の表れ方や持続時間がバイアグラに比べると良いためレビトラを選ぶ人もいます。

Copyright © 2016 食事に左右されずに使いやすい治療薬第2のED治療薬レビトラ - Design by Colombia Hosting