食事に左右されずに使いやすい治療薬第2のED治療薬レビトラ

治療薬の処方

Blue drugs

ED治療のためにレビトラを処方してもらおうと思うのならばED治療を専門としたクリニックに行き処方してもらいましょう。診察といっても風邪などとの治療とは違い手軽に診察されます。
問診などを受けて診察が終わるまでは30分もかからないでしょう。また、クリニックで処方をもらった際には服用のしかたや副作用や併用したらだめな薬や食べ物などの説明をしっかり聞くことができます。
またクリニックなどでレビトラを処方してもらった時の費用は10mgで1錠1,500円、20mgで1錠2,000円に初診料が掛かる値段が目安になるでしょう。
現代ではインターネットでもレビトラなどのED治療薬を個人輸入して購入することもできますが、まずはクリニックでの診察を日本で承認された薬を処方されたものを服用することをおすすめします。
個人輸入以外でも日本の薬を販売しているネットショップはありますが、海外から直輸入した薬を扱っておりますので正規品のレビトラなのかが手元に届かない限り判断ができないです。
また、注文後に海外から輸入するところがほとんどのため、手元に届くのが数週間かかる事は珍しくはないです。
ネットショップでの購入はクリニックでの処方される費用よりも1~2割ほど安く購入できるメリットがありますが、正規品ではなく偽者が送られる可能性があります。
ですが、海外でのレビトラのジェネリック医薬品が購入できて薬の費用を抑える事もできます。日本国内ではレビトラの特許期間が終わっておらずジェネリック医薬品は販売されていません。
レビトラはバイアグラよりかは比較的に副作用が少ないED治療薬です。ですが、副作用によって何らかの体に影響が与えられてきます。なので、クリニックで医師から処方される安全なレビトラを用法・用量を守って服用し改善していきましょう。

Copyright © 2016 食事に左右されずに使いやすい治療薬第2のED治療薬レビトラ - Design by Colombia Hosting