食事に左右されずに使いやすい治療薬第2のED治療薬レビトラ

服用時の注意

The women so sad

レビトラは食事に左右されないことと、即効性があることで人気の薬です。ですが、レビトラとバイアグラの作用と効果はほぼ同じでもあります。
レビトラには「塩酸バルデナフィル水和物」という有効成分が入っており、性器の機能を妨げる「5型ホスホジエステラーゼ」の働きを阻害する作用を持っています。
ちなみにバイアグラの有効成分は「クエン酸シルデナフィル」で、有効成分は違うのに作用は似ておりますが、効果の表れ方は有効成分は違う分ので差が出てきます。
その差が出てくる理由は治療薬が食事の影響を受けやすいかどうかで差が出てきます。バイアグラは脂分を含む食事やアルコールを避けなければなりません。ですが、食事に左右されたくない人はレビトラが向いているでしょう。
ですが、レビトラが食事の影響が受けにくいと言ってもグレープフルーツを食べた後には絶対に服用しないで下さい!
なぜグレープフルーツを食べた後に服用してはいけないかと言いますと、レビトラの副作用に関係があります。他の治療薬にも言えますがレビトラはED治療にしっかりと効果を表す治療薬であります。
その分、顔のほてりや目の充血などバイアグラに似た副作用を持っている治療薬でもあります。グレープフルーツには「フラノクマリン酸」という成分が含まれており薬の血中濃度を上昇させてしまう作用を起こします。
さらにフラノクマリン酸は薬との相互作用があり、薬物代謝酵素を阻害してしまう作用が働き命の危険性に大きく関わってしまいます。
レビトラに限らず多くの薬がグレープフルーツをはじめとするかんきつ類を食べたり、ジュースとして飲むことを禁じております。なので十分に注意してレビトラを服用してください。

Copyright © 2016 食事に左右されずに使いやすい治療薬第2のED治療薬レビトラ - Design by Colombia Hosting